2011年09月18日

マイクロエースのモーター車を整備する

自分をいつも悩まされているのはマイクロエース製の車両。

マイクロエースというと…
車両の形状が破綻していたりして数々の迷作を世に繰り出してきた会社で有名である。(サロにモーター車が入っている車両を持っていたりする)
分売パーツがなく、修理にものすごい時間がかかるとして有名でもあります。自分自身はマイクロエースの動力とライトがあまり気に入らないため滅多に買わないものですが、出してくる商品に関してはドンピシャで来ることもかなり多く(例・781系ライラック)北海道系の車両に関してはマイクロエースの独壇場と言ってもおかしくないでしょう。そのためピンポイントでマニアックな部類を出してこられるとこれは困るw

しかし走らせてると急にギクシャク走行を始めたりと、酷い。

IMGP3578
IMGP3578 posted by (C)千里鉄道@センテツ
今回はこの781系を。
実はこの781系のM車。下回りが485系の物となってます(滝汗)なかなかM車(ばらし)が安価で中古市場には出回らないので購入できてないです

というわけでこれからが本番ってとこです続きを読む
posted by 千里鉄道 at 22:03| Comment(4) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。