2011年10月30日

【鉄コレ】阪急3000系のGU工事 Part1

先日購入した鉄コレの阪急3000系ですが、かなりのグレードアップを施すことになりそうです。


プロトタイプは現在箕面線で活躍してる3000系。
3050(3150)Tc
3500(3600)M (パンタグラフ装備車)
3550(3550)T
3000(3100)M'c

いずれも行き先表示機が未設置となっています。

とりあえず、加工(グレードアップ)のポイントをあげることにします。
ランボードが一体成型
┗ランボードを別成型にする

3550の妻面の配管を切除
┗切除⇒塗装で手抜き加工

クーラーの塗装(墨入れ)
┗そのままだと不細工なので墨入れ

3550の下回りのパーツ取り換え
┗先頭車の物と床下パーツ取り替える

側面行き先幕
┗実車は黒いプラスチックの板?でふさがってるのでこれを模型で再現

TN化
┗ただ単に車間詰め

N化
┗走らないと意味がない!!


以上のことが今回の課題となりそうです結構多い(^^;;;

では加工の方へ

始めるのは一番簡単なクーラーの墨入れ

IMGP4421
IMGP4421 posted by (C)千里鉄道@センテツ
プラスチックに塗装してもいいようなマーカーペン(ガンダムペンなどでもOK)
シンナーとコットンスティックは万が一のために使います。(不器用な自分はこのペアを常に愛用)

IMGP4414
IMGP4414 posted by (C)千里鉄道@センテツ
あとから面倒なので配管も一緒に塗装します。

全車のクーラーを塗装した後に待ちうけてるのは・・・
IMGP4424
IMGP4424 posted by (C)千里鉄道@センテツ
行先表示幕未設置車の特徴でもある黒い板でふさがった行き先表示幕

IMGP4428
IMGP4428 posted by (C)千里鉄道@センテツ
ペンでちょこっと塗ります。
ここは案外楽です。(よほど不器用じゃない限りここの塗装は誰でも余裕で出来るはず。)


次の加工へと進みます、が
これはまた後日!
posted by 千里鉄道 at 17:35| Comment(2) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そちらでも鉄コレの改造を始めましたか(^^;

僕は今津線の3058Fをプロトタイプとします。
レイルロード製の連結器周りのパーツも使ってみたいと思っています。

完成を楽しみにしています!!
Posted by Maxはやて at 2011年10月30日 19:55
>Maxはやてさん

コメントの返信が遅れて申し訳ございません。

今津線の3058Fですか。。。かなり大がかりな改造が必要だとは思いますが、頑張ってください!!
>>レイルロード製の連結器周りのパーツ
確かに連結器周りはスッカスカなのでこちらをなんとかしたいと思ってます。
Posted by 千里鉄道 at 2011年11月09日 09:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。